海外サプリメントの個人輸入の注意点

April 2nd, 2013

海外サプリメントを個人輸入する際には当然ですが気を付けなければならない事もいくつかあります。
まずは翻訳サイトを使用する際、医療用語が含まれていると正しく認識されないケースがありますので翻訳サイトは一つだけではなく、複数で試してみるべきでしょう。
複数で試してみる事で何となくニュアンスも解ってくるのではないでしょうか。
また、個人輸入の際には自己責任になります。
この点もしっかりと弁えておかなければならないでしょう。
国内でドラッグストアや薬局で薬を購入する場合、医師や薬剤師がいろいろとレクチャーしてくれるものです。
ですが個人輸入の場合は自分自身の判断になりますので、その点だけは気を付けなければならない部分と言えるでしょう。
ですが海外サプリメントと言っても海外では普通に販売されているのですからそこまで気を付けなければならないようなものではないでしょう。
ですが日本の薬同様、摂取しすぎはあまり良いものではありませんので、その点だけは気を付けなければならないでしょうね。
とはいえこの部分もそこまでデリケートになるほどではないでしょうけどね。

プロペシア個人輸入

個人輸入は簡単なのか

April 2nd, 2013

海外サプリメントは多くの人が待ち望んでいたものと言っても良いでしょうが、では海外サプリメントを個人輸入するとなるとその手間の方はどうなのでしょうか。
この点が気になっているという人も多いかと思われるのですが、海外サプリメントの個人輸入は実は今、決して難しいものではなくなってきています。
その理由として、最近ではインターネットで個人輸入をレクチャーしてくれるサイトが豊富に用意されている点、さらには翻訳サイトも多数登場しているという点。これが大きいでしょうね。
ですから外国語を喋れなくとも海外サプリメントを入手する事が出来るのです。
かつてであれば個人輸入を行おうと思ったら外国語を喋れなければならないものでした。
ですが今であればインターネットには翻訳サイトが多数登場していますので、外国語をまったく喋れなくとも個人輸入するのはなんら問題ないのです。
そのため、海外サプリメントを個人輸入している人が増えているのでしょう。
インターネットを駆使すれば簡単に入手出来る。
しかも先にお話ししたように自分自身でしょうがないと諦めていた事がどうにかなるとなれば、当然個人輸入してみようという気持ちになるのも頷ける話なのではないでしょうか。